So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

ブリスベン国際2015のドローについて。 [スポーツ]

テニスブリスベン国際2015大会を紹介です。

錦織圭選手も参加している、注目の大会です。

ブジスベンはオーストラリア北西部に位置します。


続きを読む


松岡修造のブログ、ビデオメッセージが熱い! [スポーツ]

松岡修造さんの公式ブログで、応援メッセージ~諦めちゃダメだ!~のビデオメッセージが

熱いです。一つ動画の時間は短いですが、ビデオメッセージの言葉に熱気を帯びていて、

突き動かされる、何か行動しなきゃと思わせるものがありますね。


錦織圭選手の活躍で、松岡修三さんへの注目も集まったわけです。

特にジョコビッチ戦いでのコメントは声援は、yahooニュースやtwitterだけでなく、

テレビ雑誌にも取り上げられていて、

松岡修造さんも引退してもなお、国民的な選手のような趣があって好感がもてました。


テニスといえば、修造! 修造といえば、テニス!


端的に言えばこんな感じだと強く思います。


さて、ビデオメッセージの声援が、これだけ迫真に迫っている理由は何だろうと

考えたときに出てくるのが、自身の過去の境遇ではないかと思います。


当時は、グランドスラムまで行ったとしても、そこまで話題として取り沙汰される

というのはなかったような印象です。

加えて、怪我のせいもあって、成績の面でも苦労した時期があったことが影響しています。


それらの苦労を踏まえたうえで、広く世間にアドバイスを送ろうとなったのだと推測してます。


松岡修造さんの性格上、もっとやれたという向上心に満ち溢れた方ですので、

「僕と(錦織)圭を比較するな」といった比較的最近のコメントから、

自分自身ももっと行けると思っていたし、また圭なら更にもっと上に行けると

自負されていたはずです。


なかなか現代では見受けられない師弟愛でしょうね。

私もこうした師匠が欲しいです~



錦織圭選手、ATPファイナル準決勝BS朝日決定。 [スポーツ]

錦織圭選手が、準決勝まで勝ち進み、ついにジョコビッチ選手と

準決勝が15日23時から放送が決まっています。


錦織圭選手の報道では、テニスの放映権がWOWOWにあることから、

例えば朝日テレビ日本テレビなど、一般放送局が動画の形式で

中継をすることができませんでした。


だから朝、テレビで錦織選手の活躍報道が、

錦織選手の全体画像を固定したまま、アナウンサーが状況を口頭で

説明するといった、普通ではありえない展開で進んでいました。


やはり観ていて違和感があったり、偉業をテレビで再確認できないのは、

どことなく寂しいですね~


しかし、WOWOWから放映権を切り売りしてもらったのか、BS朝日、地上波朝日、CS GRARA

で中継が観られます!


いやはや感動モノです。


NHKで錦織選手の中継がなぜされないなどクレーム問題は有名かと思いますし、

現実問題WOWOWに加入している人は少なく、私も加入してないです(涙)


今回は私も生で観戦してみたいですね! というか絶対観ます!


ジョコビッチ選手との対戦成績は2勝2敗のイーブンです。

年間王者が決まり、年6敗程度しかしないといわれるノバク・ジョコビッチ選手に

2勝でもできているわけです。


強すぎる相手でも、錦織選手ならまたやってくれると信じてます。

さてどんな試合展開になるでしょうかね~

U21侍ジャパンのメンバー不完全燃焼!?放送結果は! [スポーツ]

11月10日に行われた2014 SUZUKI 日米壮行野球試合の結果が明らかに。


ずばり1-0で福岡ソフトバンク北海道日本ハム連合の勝利となりました。


この試合で侍ジャパンが4安打のみの零敗が大々的にニュースになっていますが、

さすがにちょっと期待はずれでしたね。


日本一のソフトバンク相手でも、各球団からの実力者を揃えれば勝てるはずでした。


残念です。


さて、気を取り直して一部目玉となっていた、斉藤祐樹選手ですが、

しっかり出てましたね。1回のみの登板で、16球で3人の打者を

ぴしゃりと抑えていました。しかも一人は三振です。


なおソフトバンクの勝利投手は飯田優也投手です。

3回を27球、2奪三振被安打0とすばらしいピッチング。

安定してましたし、なおさらよかったと思います。


逆に侍ジャパンですが、安打を打った選手と負け投手をちと紹介。


1番柳田、2番菊池、6番坂本、途中交代で8番山田です。

打った回が皆ばらばらで、打線が全くつながらず、寂しい展開に。


負け投手ですが、岩田につきました。

2回を30球、。被安打2、奪三振1、四球1で1失点。

正直なところ、本人はよく頑張ったほどです。

1失点で負け投手、黒星は可愛そうでしたね。


総括して今後どうなるのでしょうかね。


11月12日から20日まで計6戦。

侍ジャパンVSMLBオールスターとの対戦があります。


メジャーリーガーのスター選手にどこまで挑めるかが悩ましいです。

勝って欲しいのはやまやまですが、現段階では

せめて引き分け程度で終わってほしいという期待感です。


今回の日程の中で、是非見せ場で会場を沸かせて欲しいですね。



羽生結弦と村上佳菜子の『オペラ座の怪人』について! [スポーツ]

フィギュアスケートGP第三戦「中国杯」での羽生&村上選手の活躍すごいですね!

しかしその中にもちょっとした事件がありました。


羽生選手は、本番前の練習にて中国の選手と衝突。

顔面から堅いリンクに打ちつけられる形で転倒し、額とあごから流血する事故となりました。

それでも本番に出て、見事2位を獲得!


また村上選手は、ショートプログラムで、3位入賞することができました。

2012年のカナダスケート以降初の表彰台となったので、喜びは大きいでしょうね。


さて話題の両選手は、今回FPでオペラ座の怪人のプログラムで、挑んだことになりますが、

これって何かの偶然と思ったのですが、そんなことはないようなのです。


つまり二人の熱愛報道があったのです。


真偽のほどは、どちらかというと本当に近そう!

やはり同じ競技でプロとなっているもの同士、馬が合うということでしょうか。


若手が世界の舞台で活躍するのはやはり見ていて壮観ですし、

羽生&村上選手のようなカップルができて、

さらに生まれた子がまた頑張って活躍。


そんな未来が見えなくもないです~


まだ先の話しすぎて現実味ないですかね。

羽生選手だって、まだまだ若い発展途上の選手でしょうし、

伸び白だってまだあると信じています。

村上選手も、まだまだ偉業をつくりだしてくれる余地ありです!

いちファンとして期待してます。

大減俸で阪神・新井貴浩内野手が楽天トレードへ!? [スポーツ]

新井貴浩内野手の年俸改定が激減で話題となっていますね。

年俸2億から8000万の減俸を掲示されたようですが、

野球協約では、1億以上では40%まで許されていることから、

それを超えるのは違反じゃないのと思うのですが、どうなんでしょうか。


ちょっと調べてみても、法的拘束力があるとはならないみたいです。

減額制限を越える=選手に自由契約する権利が、また球団側には

それを応じる義務があるという結論となっています。


『減額制限を越える減俸とするから、嫌なら出ていてってくれ!』ということ。


厄介なのが、本人の同意があればこの限りでない文言。


『ただし、来年もうちでプレイしたいなら、その額で報酬は出し続けるよ』と。


競争の原理は、素で出ていますよね。

サラリーマンでこういったことが起こると、殺伐としますよね。

年収300万が中心のベースとなるわけで、プロ野球選手とは次元が違いますが、

そのベースから下げられるだけ下げられると、つらいでは収拾がつきませんし、


さて、新井貴浩選手はどうするのでしょうか?

8000万で我慢か、それとも他球団(現時点で楽天が獲得に名乗りを上げている模様)か。


個人的な予想では、他球団かもと思っています。

減額制限以上の減俸を受けてそのまま続けた選手ですが、

あまりいい末路を辿った選手がいないからです。

トレードに出されたり、戦力外、2軍落ち。


ならば新しい環境で、試合にしっかり出て、再度実績を作りなおすのが無難かなと。

そういう結論に至ったわけです。

仮に8000万OKでそれが吉と出るか凶と出るか、気になるところです。

【速報】錦織圭選手、BNPパリバマスターズにてベスト4進出!その後は…… [スポーツ]

男子テニスの錦織圭選手がBNPパリバマスターズにて11月1日

シングルス決勝で第一シードのノバク・ジョコビッチ選手と対決。

6-2 6-3でノバク・ジョコビッチ選手が決勝へと駒を進めた形となった。


錦織選手の快進撃に加え、WOWWOW騒動や松岡修三さんの影響もあってか、

一躍国民的選手に上りつめたわけですが、やはり世界は楽をさせてくれませんね。

ノバク・ジョコビッチ選手とは全米オープン以来の再戦になったわけですが、報道によると、

錦織選手が疲労を残しつつのプレイとなったため、振るわなかったみたいです。


体調が万全であれば勝てるというほど世界一の選手は甘くないですが、

ベストショットで、果敢に攻める様はものすごくイイ!と思うのです。


ちなみに錦織圭選手の成績ですが、JTA日本ランキング1位なのをはじめとして、

11月2日のATP世界ランキングでは4625Pの5位です!

ちなみに以下上位4位の選手とポイントを掲載しておきます。

1位 ノバク・ジョコビッチ選手 9610P
2位 ロジャー・フェデラー選手 8700P
3位 ラファエル・ナダル選手  6835P
4位 スタン・ワウリンカ選手  4895P

このポイントとランキングを見ると、4位まではそこまで離れていないですが、

そこから先長い旅路になりそうですね。

ジョコビッチ選手のポイントから判断して、

いかにすごいプレイヤーかということを思い知らされます。



巨人移籍可能性は。ロッテ・成瀬善久投手について。 [スポーツ]

2014年巨人はクライマックスシリーズまで順調に勝ち進め、

阪神と日本シリーズを争うこととなりましたが、

巨人の4連敗、自滅したような形で幕を終えました。


今年の巨人は、なんだか問題が来期にもくすぶり続けそうな予感がします。

週刊誌で戦犯扱いの内海、沢村両投手であったり、来期コンバート予定の阿部慎之介選手であったりと。


凄まじい資金で上位をキープするのは間違いない巨人ですが、頂点を取れるかというと

首をかしげてしまう状況です。

野球は投手有利なゲームですので、優秀な選手で層を厚くして埋め尽くすことができれば

最強といってもいいくらいです。

条件次第となるのでしょうが、成瀬選手が巨人の建て直しを期待されることもあるかもしれません。

要は巨人・成瀬喜久投手の可能性です。


金銭面ではまず不満を出すようなことはないかと思います。

契約期間も成瀬選手が29歳であることから、短期になることもないはずです。

やはり気になるのは、チームの雰囲気と出場機会。

成瀬選手の気質と、巨人の選手のそれとそりが合う、馬が合うのならいいのですが、

豪遊が話題となっていることから、かみ合うかが少々不安です。


あと出場機会ですが、ローテーションに入れてもらうほどの実力があると思いますので、

不安ではないですが、中継ぎでの出場で負けているところからの交代は少々辛いものがあります。


ただ先発出場であれば、チームの打撃力に期待したいし、できるチームではあると思います。

1塁コンバートの阿部選手は、捕手での負担軽減で、打者としての成績も良くなると考えたい。

爆発力のある打線で、援護をもらえれば投げるほうも安心なのは間違いないので、

1番にオススメできる球団とは言いがたいですが、候補として検討してみてはいかがでしょうか。

千葉ロッテ、成瀬喜久投手がFA移籍へ。 [スポーツ]

千葉ロッテ投手、成瀬喜久選手がFA宣言し、来期移籍することが決まった。

移籍発表時の記者会見で、どの球団も候補として検討している旨発言がありました。


『お話をしていただける球団は、すべてフラットな気持ちで見ようと思います。

どこの球団、どこの場所がいいというのではなく、どこに行っても野球

やることに変わりありません。』


なるほど、移籍は残念ではありますが、こういった姿勢でこういうコメントは

なかなか重みもあって好感が持てました。

ロッテ在籍11年、通算90勝、防御率3.16を上げた左腕はどこへ行くのでしょうか?

雑誌THE PAGE取材班によると、阪神、オリックス、そしてヤクルトが交渉

獲得に乗り出すようです。

現段階で3球団のため、今後の展開次第でもっと数が増えていくかと思われます。


上記球団の中で考えると、個人的に阪神行きがいいのかもしれませんね。

近年の阪神は調子がいいですし、今年も巨人に対してクライマックスシリーズ4連勝

ソフトバンクには惜しくも敗れたものの、来期もいい成績が期待できるチームです。

プロの世界だと目立ってなんぼでしょうし、波に乗っているチームで投げれば、

結果もついてくるのではないでしょうか。

打撃の援護もあれば、成瀬選手も楽でしょう。

またセ・リーグだとテレビに映る機会も増えるので、その点も検討してもいいと思います。


2014SUZUKI日米野球壮行試合、斉藤祐樹選手参戦決定だが…… [スポーツ]

2014SUZUKI日米野球の福岡ソフトバンク・北海道日本ハム連合チームで

11月10日(月)福岡ヤフオク!ドームにて侍ジャパンと対決することになっている。

また翌日阪神・巨人連合対MLBオールスターチームのマッチメイク

さらに12日から20日まで計6回侍ジャパン対MLBオールスターチームとの試合になる。



本件開幕11月10日の連合チーム側で日本ハムの斉藤祐樹選手が参戦する旨発表された。

どういうところで起用されるかは未知数だが、

知名度もあって、早々に使ってもらえる可能性がある。

相手は、MLBオールスターチームと戦う予定の侍ジャパン、日本の精鋭たち。

この面々の打者を斉藤祐樹選手がピシッと抑えることができるだろうか?



回答は難しい。

斉藤祐樹選手は、故障や不調もあいまって、二軍での生活を強いられている。

二軍での活躍というと芳しくなく、なかなか一軍復帰の目処が立たないのが実情です。


しかしながら、直近の成績は悪くないのです。

今月20日に行われた新日鉄住金鹿島との社会人交流試合に先発

5回4安打1失点という結果。

偏見なく語らせてもらうと、これはいい仕事をしたと思います。

よく頑張った!

プロとしても面子を保てたピッチングです。

これが続けば、一軍でもやってける見込みがつけやすい。


当日どうなっているだろうか。

大炎上と好投を繰り返しているので安定感がなく、どう転ぶかは実際投げてみないとわからない。

それでも久しぶりに斉藤祐樹選手のピッチングも見てみたいし、登板期待です。

前の10件 | - スポーツ ブログトップ
スマートC

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。