So-net無料ブログ作成
検索選択

シャルリーエブド事件の風刺画とムハンマドの影響。 [騒動]

シャルリーエブド事件が発生して、4日経ち、12人もの

編集者、記者が犠牲となりました。

さらに事件の容疑者として騒がれているサイド・クアシ(34歳)と
シェリフ・クアシ(32歳)がパリの某所に立てこもった関係で

複数の遺体が見つかっているようです。



某所と書かせていただきましたが、

毎日新聞の記事ではスーパーと印刷所と

別々の記事で本件場所を記載していて、

正確な情報が得られていない感じです。


さておき、ここまで事件が大規模になった原因は、

フランス週刊誌『シャルリーエブド』にムハンマドを中傷するような

風刺画が掲載されたことにあります。


たしかに画像を見た瞬間に、

これはイスラム教徒や関係者から見たら、

いい気分にはならないだろうなぁと思いましたが、

これが原因でこれほどの事件が起きるというのは、

日本に住んでいるとなかなかイメージできないです。


これ関連のニュース記事では、

敬虔なイスラム教徒でも混乱をきたしているらしい。

多くの人を傷つけ、殺害するのはイスラム教徒のする所業では

ありえないということです。

たかが風刺画、されど風刺画ということでしょうか。


容疑者二人は、アルカイダと接点があるということで、

過激派のイスラム教徒のしわさが大きい。


イスラム教徒でも、過激派とそうでない派と区別して考える

ようにならないと、イスラムやムハンマドというのがわからない時代に

なりつつあるのではないかと予想します。

ここまで根が深い事件なので、経過等慎重に見ていきたい次第です・


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スマートC

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。